読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肌断食の効果40代の肌経過ブログメイクもしながら実践中

肌断食で肌のガサガサは何が原因なの?対策はある?

肌断食を始めると、肌がガサガサになってしまいます。これって見た目も触り心地もストレスですよね。

 

この肌のガサガサはどうして起こるのでしょうか?また治す対策はあるのでしょうか?

肌断食で肌のガサガサは何が原因なの?

肌断食ガサガサ

 肌断食でまず最初にやって来るイヤな出来事が肌の乾燥による、ガサガサ肌。どうして出来るのかと言うと原因は角質のはがれです。

 

肌断食直後は、かなり肌のバリア力が低下します。そこへ何か刺激となるものに触れると肌が傷み、簡単に剥がれてガサガサになってしまうのです。

 

角質は皮脂膜に守られていますが、肌断食を始めると皮脂膜が出来るまでに時間が掛かります。

 

すると守ってくれるものが無い角質は、自分でどうにかしないとと一生懸命新しい角質を作るのですが、即効で作った角質は弱く剥がれやすく、何かに触れるとめくれる状態になってしまいます。

 

その角質がさかだってめくれた状態になると、触るとガサガサするのです。例になるかどうかは解りませんが、紙をそのままなでると、まぁ紙質にもよりますが、つるっとしていますよね?でもその紙に違う紙をちぎって、貼り絵の様に貼れば、触るとその部分はガサガサだと思うんです。

 

本来角質はしっかり保湿されていると、肌に張り付いて皮脂膜の下で肌を守っているのでしっとりした手触りです。(紙で言うと1枚のつるっとした紙です)

 

しかし皮脂膜がなくなり、何とか自分で薄っぺらい角質を作っても、肌にしっかり貼り付けずはがれた状態になります。

 

しかもその状態で何かが刺激になると余計にはがれてしまい、角質が逆立ってめくれた状態になるんです。ガサつく肌は簡単にいうとこれが原因です。

 

言葉にしても難しいので、図解にしてみると

f:id:keisan21:20170503155458p:plain

こんな感じで、守ってくれる皮脂膜が弱いために、弱い角質が早くできるうえ、弱いために剥がれてしまうのです。しかし自然に剥がれるのではないため、どこかまだ引っ付いた状態で剥がれるので、皮膚が逆だったりめくれたり、粉を吹いたりの様になるのです。

 

ガサガサの原因は、角質が早く剥がれしまうために起こるのです。

肌断食で肌のガサガサ対策はあるの?

f:肌断食ガサガサ原因

肌断食でこのガサガサになると、やはり動揺しますし、不安になります。このままガサガサのままだったらどうしよう!!めちゃ不安ですよね。

 

このガサガサは、皮脂膜ができ角質をしっかり強くしていけば必ず治ります。やってしまってダメなのは、化粧水や乳液などを塗ると一時的に逆立ってガサガサの肌が、化粧水や乳液がノリの役割となって、肌と一体となるため、つるっとした感じに戻ります。

 

でも乳液などをつけてしまうと、肌の表面は潤ったような見た目・手触りになり安心感でいっぱいになりますが、それを塗った下にある素肌は自ら潤う力を発揮することができず、ますます乾燥してしまいます。

 

肌断食は自分で潤う力を取り戻す事が目的ですので、この行為は逆効果になってしまいます。

 

また無理やり剥がすのもダメージを与えるだけです。ワセリンで薄く保湿をしてしのぎましょう。そしてなるべく肌に刺激を与えないように、肌に触れるものにも気を付けましょう。

 

でもこれを乗り越えられると、自力で保湿、バリアが出来る肌に育って行きます。ただ、角質を育てたり、皮脂膜が出来るようになるには、肌の弱い人などは元々持っている肌の状態が良くない、何かの刺激がキッカケでトラブルが起こりやすいため、かなりの期間が必要な上、もの凄いストレスを感じると思います。

 

またスキンケアをしっかりして来た場合も、元の肌がかなり弱っていると同じ様に期間が掛かる上に、それまではトラブルに見舞われます。

 

そのため、肌断食をしたい人で肌が弱い人や肌トラブルがなかなか改善しない人は、肌断食を教えている教室で誰かにサポートして貰いながら行ったり、肌断食はやめて肌に優しい保湿剤などで、しっかり角質を育てるサッポーの『敏感肌脱出プログラム』などで肌を強くすると言う事をした上で、肌断食を再度試してみると言う手もあります。

 

肌のトラブルの状態が酷くなると、しっかり自分で何が原因か?を考える事が出来なくなってしまいます。

 

元々肌が強いとそこまでのトラブルにはなりにくいのですが、肌が弱いと辛いです。訳も解らず続けてしまうと、悪化するだけになる場合もあります。

 

それだけはやはり避けたいです。みんなの思いは肌をキレイにしたい事だと思うんです。でも肌が弱かったり、トラブルが長引くと不安ですし、違う方向に走ってしまい余計に悪化させる事も考えられます。

 

そうなると思いとは逆になってしまいます。それだけは同じ肌断食をしている仲間としては悲しいし避けたいのです。

 

そのため肌が弱い人やトラブルが長引いている人は、誰かのサポートを受けながら進めた方が安心です^^