肌断食の効果40代の肌経過ブログメイクもしながら実践中

肌断食したらシミは増える?消える?シミへの効果はどうなの?

肌断食でシミと調べると、増える、濃くなる、消える、薄くなるなど色々なワードがあり、肌断食とシミの関係を気にする人が多いのが解ります。

 

肌断食は基本、紫外線対策もしないのでシミが増えるんじゃない?肌断食を始めたらシミが増えた!!キレイになるはずなのになんで?と思いますよね。

 

そう言うワケで今回は肌断食とシミについてお届します。

Sponsored Link  

肌とシミの関係

 

f:id:keisan21:20170430114716j:plain

肌とシミは一体どんな関係があるのでしょうか?シミは今出来ているシミとこれから出来るシミの2つに別けられます。
 
またシミが出来る原因は、紫外線からの攻撃などで肌の傷んだ部分を守るためです。元々肌はなにもしなくても自分で保湿や保護をする仕組みを持っています。それは紫外線でさへ防ぐ力があるのです。

 

本当は夏に海に長時間居たり、スキーを長時間したりなど通常の日常生活以外で必要以上に紫外線を浴びる以外は、日焼け止めを塗るなどしなくても、帽子をかぶったり、長袖を来たり日陰にいる様にすれば、肌は紫外線対策なしで日常生活レベルの紫外線は防ぐ機能は持っているのです。

 

そして仮にシミが出来たとしても、元気な肌であればターンオーバーでシミの部分は元に戻ります。

 

でもこれは肌が元気であれば、です。シミが出来る本当の原因は紫外線対策をしなかったからではなく、肌の防御能力が失われているから出来るのです。

 

本来なら肌はなにもしなくても日常レベルなら紫外線を防いでシミが出来ない様にする力を持っていますし、もし出来ても元に戻す力も持っています。

 

でも肌の機能が衰えていると、肌は紫外線を防ぐ事が出来ず、シミを作り細胞を守るのです。紫外線ケアをしているのに、シミが多い人は肌の機能が衰えている可能性が大なのです。

 

シミって肌の奥の細胞を守るカサの様な役割をしています。そのため衰えた肌はシミと言うカサを作り奥の細胞を守るのです。

 

そして紫外線ケアをすればするほど、肌の紫外線を跳ね返す力は劣っていき、日焼け止めを塗る⇒肌の機能が落ちる⇒日焼け止めを落とすために強い石けんやクレンジングをする⇒肌に刺激が強く機能が劣ると言うサイクルを繰り返して、肌はどんどん弱っていきます。

 

最後はもう日焼け止めがなくなると、肌はボロボロになってしまっているので、自分では紫外線と戦えない位になっており、ずっとケアをしないとダメな肌になるのです。

Sponsored Link  

肌断食後のシミの関係

 f:id:keisan21:20170430114848j:plain

肌とシミの関係から、シミが出来る原因は紫外線ケアをしていないからではなく、肌の機能が衰えているからと言う事、裏を返せばケアのしすぎが原因と言う事を知って貰えたと思います。

 

そんな肌に紫外線ケアを止めたらどうなるでしょうか?日焼け止めを塗ってくれているから、その商品の効果で紫外線を跳ね返していただけなのに、それが無くなるとただのボロボロの役にたたない肌しか残っていません。

 

雨の日に穴の開いたボロボロのカサを指しているのと同じです。今まで紫外線のケアをしていた事でなんとかその効果でしのいでいて、もう自分では紫外線さへも跳ね返す事が出来ない位のレベルになっているのに、シミが防げる訳がありませんよね??

 

結果、肌断食を始めて日焼け止めを塗らないと、肌は紫外線を防ぐ力がない為、肌を一生懸命守ろうと紫外線を防げないとシミと言うカサを肌に広げるのです。

 

こんな理由で、肌断食を始めるとシミが増えた!!と思う人が多いと思いますが、シミが増える人は、今まで日焼け止めをしっかり塗っていたり、日焼け止めを落とすのに強いクレンジングを使っている人に、起こり易い現象です。

 

それは日焼け止めを辞めたからと言う事も原因の1つですが(だって日焼け止めを塗ることでしか、もう肌は紫外線を防ぐ事が出来ないくらいになってしまっていたんです)

それ以上に、あなたの肌がケアのしすぎで、紫外線さへも防げないレベルの機能になってしまっていると言う事に気付いてあげてください。

 

そしてこれからは、なるべく紫外線対策に日焼け止めを塗るのではなく、肌の本来の機能を取り戻すため、日常レベルなら縁の大きな帽子、日陰、日傘、手袋、長袖で紫外線ケアはOKだと言うこと、どうしても炎天下にずっといないといけない時には、日焼け止めを塗る事、で肌本来の機能を衰えさせないようにして欲しいなと思います。

 f:id:keisan21:20170430115615j:plain

肌断食を始めた時には、今までケアしていたからなんとか防げていた事が無くなってしまうため、その弱い部分にトラブルが発生します。肌はトラブルを出す事で悲鳴をあげ現実問題を伝えるのです。

 

でもそこで辞めてしまうとまた、ケアだけでなんとか保てるレベルの肌に戻るだけになってしまいます。

 

肌断食でシミが増えた場合、気になるし悲しくなりますが、肌が元気になるとシミはターンオーバーを正常化させ、時間と共に薄くなって行きます。

 

肌が元の機能を取り戻せば、今あるシミも薄くなって来ますし、これから出来るシミも出来にくくなります。

 

それまでは大変な事が多いと思いますが、初期の肌断食中は紫外線ケアをしないで、長袖、帽子、日傘などで紫外線を防ぎ、なるべく10時から14時位の外出は避ける、日陰を意識して歩くなど、自分で今出来る対策をしっかりしてください。

 

肌が強くなるに連れ、今のしみも薄くなって来ます。それまでは長い時間が掛かるかも知れませんが、ずっとケアしていかなければシミが防げない肌でいるのか、自分で防ぎ作らせない肌にしたいのか、もう一度良く考えてみてください。

 

シミは本当にイヤです。女性には敵のようなものです。出来れば落ち込み、気になって仕方がなくなり、ため息の連続ですが、もう一度シミを作らせない肌本来の機能を取り戻してみませんか。