読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肌断食の効果40代の肌経過ブログメイクもしながら実践中

肌断食で洗顔で落ちないメイクを使う危険性とは

肌断食をしていてもメイクが必要な人は沢山いると思います。肌断食は洗顔で落ちるメイクならOKとしていますが、本当は純石鹸にも界面活性剤は入っているので、使わずにぬるま湯か水で洗顔出来るだけの状態が一番いいのですが、女性はそうも言ってられないのが現実です。

 

しかし洗顔で落ちないメイクをすると言う事は、肌断食をしたいならいつかはサヨナラしないといけない事なのです。

 

何故洗顔で落ちないメイクはダメなのか、どんな危険性があるのかをお届します。

肌断食で洗顔で落ちないメイクを使わない方がいい理由

f:id:keisan21:20170503110859p:plain

肌断食は何も付けない、肌に刺激のある成分は避けると言う事が基本です。と言っても女性はメイクをしなければないない事も多く、メイクを全く無しにする事が難しいため、洗顔で落ちる程度の軽いメイクならOKと言う事で、取れやすい粉タイプや薄付きのプレストタイプなどがオススメなのですが、取れやすいと言うデメリットもあります。

 

しかし肌断食を始めて一番リタイアする人が多いトラブルがニキビや乾燥なのですが、メイクを落とすためにどうしても洗顔する時に使う純石鹸も、乾燥を招く恐れがありますし、メイク自体にも肌の油分を奪ってしまうという作用があるため、メイクはおすすめ出来ないのです。

 

洗顔で落ちるメイクでさへ、肌の育成を阻害するのに、クレンジングを使わなければ落ちないメイクをする事は、かなりの肌トラブルリスクを背負う事になるのです。

 

クレンジングは、肌の皮脂膜を落としてしまいます。皮脂膜が落とされるとバリアがなくなるために、肌は乾燥し、皮脂膜が守っている角質もむき出しになる事で、それを守るために、早いサイクルで角質を作ります。

 

でも早いサイクルで作られた角質は、すぐに剥がれやすくその結果、余計な角質が肌に残ってしまい、それが皮脂と混じって毛穴に詰まり、角栓、黒ずみ、ニキビへと繋がっていくのです。

 

肌断食をしていない人は、クレンジングをした後は保湿をしますよね。その保湿のお陰で、偽の皮脂膜が出来るため、なんとか肌は均衡を保っています。

 

しかし肌断食をしている時は、保湿はしない事が前提です。そのためメイクを落とすためにクレンジングを使って全てを失った肌は、もうバリアもない状態で保湿をされないので、ボロボロになっています。

 

やっと自分で皮脂膜を作れる様になっても、またメイクのためにクレンジングを使うと、皮脂膜はなくなり、必死で作ってもまたクレンジングで失われる、イタチごっこが始まり、いつまで経っても肌は強くならないのです。

 

メイクはしない方がいいのですが、なかなかそんな訳にはいかないので、最低限洗顔で落ちる優しいメイクを使って、このイタチごっこの速度を遅くし、家にいる時はノーメイクで肌を育て、歩みは遅くなりますが、メイクをしながら肌断食を続けるためには、やはり洗顔で落ちるメイク用品が肌にとっては必要になってくるのです。

 

こんな理由で洗顔で落ちないメイクを使う事は、肌の皮脂を奪うクレンジングが必要になり、それが全てを阻害し、ニキビや肌荒れが治らない原因になるために、良くないと言われているので、どうしてもクレンジングが必要なメイクが必須なら、肌断食は合わないので辞めた方がいいと思います。 

f:id:keisan21:20170503110920p:plain

肌断食中に洗顔で落ちないメイクを使う危険性は

  1. 必要な皮脂を奪う
  2. 乾燥が進み、余計な皮脂を分泌する
  3. 角質を作るサイクルが乱れ、弱い角質が出来剥がれやすくなる
  4. ニキビが出来やすくなる
  5. 角栓が出来やすくなる
  6. ニキビが炎症や化膿を起こしやすくなる
  7. 肌が強くなる速度を妨げる
  8. 肌が弱くなる
  9. 保湿力が弱くなる

などが上げられます。もちろん洗顔で落ちるメイクでも同じ様な事は起こるのですが、まだマシです。クレンジングを使わずに済む分、少しずつ前に進む事で、ある時期になった時には、素肌だけでもOKなくらいに整っている場合もあります。

 

メイクはなかなか辞められないと思いますが、肌の事を思うなら肌に優しいものを使い、髪型や服、ポイントメイクなどで紛らわす様に工夫も加えてみてください。

 

メイクって結局の所漢字で書いての通り、化粧。自分の肌をごまかすためにする事にも繋がっています。

 

メイクをしながらの肌断食は、ゆっくり進みますが、いつしか化粧しなくてもいい、キメの整った肌になり、メイクをしなくてもきれいな肌を目指したいものです。

 

そのためにもなるべく肌断食中は、洗顔で落ちる程度のメイクにして肌を労ってあげてくださいね。