読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肌断食の効果40代の肌経過ブログメイクもしながら実践中

肌断食で皮むけの理由は?対策やめくれるのが治る期間は

肌断食をしていると肌の皮がむけたり繰り返したりすると言う声を良く聞きます。肌断食をしていて皮がむける理由は何なのでしょうか?

 

また対策はあるのでしょうか?肌のめくれが治る期間はどの位なのでしょう?疑問を調べてみました。

肌断食で皮むけの理由は?

肌断食皮むけ理由

 肌断食で皮がむける理由ですが、むけているのは皮ではなく角質です。それもしっかりバリアの役目を終えて、新しい角質とバトンタッチして自然に剥がれめくれた状態になっているのではなく、本当はまだ肌にしっかり肌に引っ付いて保湿をしなければならない新しい角質です。

 

なんでそんな取れるはずがない新しい角質が取れるの?と思いますが、肌断食を始めると今まで化粧水などで保湿をしてものがなくなり、肌が急速にに乾燥してしまいますよね?

 

角質は皮脂膜の下にあり、バリアされている状態なのですが、肌断食を始めるとまず皮脂膜を作る事がすぐに出来なくなってしまいます。

 

なぜなら、今までスキンケアをしてきたせいで自分で皮脂膜を作る機能が劣っているからです。

 

皮脂膜がない状態だと、肌を守ってくれるものがないため、角質がなんとかしようとし新しい角質を作って守ろうとするのです。

 

しかし応急処置的に作られた角質はもろく、直ぐに剥がれてしまいます。さらに弱い角質は、タオルで肌をこすったり、髪などがあたったりというその接触でも、簡単にはがれてしまいます。

 

その状態が肌断食開始後に起こる、皮むけと言われている状態です。そうなる理由は肌を守ろうと角質が新しい角質を作ったものの、弱いため少しの刺激や摩擦などでボロボロと剥がれるために起こります。

 

皮脂膜が自分で作れる様になれば、少しはマシになり、角質層も自分で潤いを保てる様になればこの現象はなくなります。

 

また肌断食をしていなくても、肌の乾燥が酷かったり、肌の弱い人はよくこの様な事になる傾向にあります。関連記事↓

では肌断食での皮むけの対策やめくれるのが治る期間はどのくらいなのでしょうか?

肌断食で皮むけの対策や治る期間は?

肌断食皮むけ理由

皮向けの対策は肌断食を続けていこうと思うなら、もう極力なにもしないと言う事に尽きます。メイクする日も少なくして、石けんで洗顔する日を少なくし、水やぬるま湯で洗うだけにします。

 

何故なら、石けんで顔を洗うと折角作った皮脂膜を取ってしまうからです。そしてその後何もつけなければ、皮脂膜は自分で再生しますが、初期の頃は時間が掛かります。

 

そのため、ニセモノの皮脂膜としてワセリンを塗るのですが、ワセリンを塗ると皮脂膜が出来る期間が少し遅くなります。

 

しかし乾燥で肌が痛いままだと、ストレスに加え保護するものがないため、雑菌が入ったり、バリアがないと余計に乾燥が進むため、無理せずにワセリンをつけた方が良いと言われています。

 

その内皮脂膜が出来て来ますから、そうなると肌の乾燥もつっぱりもマシになって来ます。そうなればワセリンも減らし、本当に痛いと思う部分だけにすれば、皮脂膜が出来るスピードも早くなります。

 

そうして、皮脂膜が作られ、肌の持つ力で角質層を保湿出来る力がついてくると潤いも戻って来るので、段々安定して来るのです。

肌断食で皮むけが治る期間は?

そして肌断食をしていて皮むけが治る期間ですが、肌の状態でも変わるため個人差が激しくなります。

 

早い人だと1週間くらいで落ち着いて来ますし、肌が弱かったり、ストレスが強かったり、元々肌の状態が悪いと1ヶ月から3ヶ月はみておいた方がいいと思います。

 

またメイクをしない、洗顔は水かぬるま湯の人の方が早いですし、生まれつきの肌の強さでも違って来ます。肌が弱い人は回復能力も遅いため、時間はかなり掛かります。

 

ただ何もしないでいると、徐々に強くなっては行きます。そしてこの期間が長い人ほど、途中でやめてしまう人が多くなってしまいます。でも気持ちは凄く解ります。

 

顔はやはり見られるものです。肌の状態が悪いと気になって仕方がないですよね。でもいつ治るかマシになるかは、個人差があって解らない。本当に辛い時期だと思います。

 

なるべく早く切り抜けられる様に、ストレスを溜めずに規則正しい生活、充分な睡眠を取ってくださいね。