肌断食の効果40代の肌経過ブログメイクもしながら実践中

肌断食のおすすめの時期はいつが一番いい?気をつける事は?

肌断食に興味をもって始める人はとても多いのですが、挫折してやめてしまう人も多いのが肌断食。

 

なるべく挫折しないで始められる時期はいつが一番おすすめなのでしょうか?

Sponsored Link  

肌断食のおすすめの時期はいつが一番いい?

肌断食始める時期

肌断食を始めるのに一番いい時期は、肌が乾燥しにくい5月から夏に掛けてです。秋から冬だと、肌断食に加え寒いため血行も悪くなりますし、冬に乾燥が激しくなる人が多くトラブルが長引きます。

 

また寒さが安定した1月くらいでも、寒い事がストレスになったり、マフラーなどが肌にあたって摩擦になる事で、ニキビや角栓が悪化する事があります。

 

となると、肌にあたる衣服が少なく、気温も快適、4月の新生活も慣れて来た5月辺りから始めて、夏にはある程度仕上がっている感じにしておくと、冬にはいる前には乾燥しらずの肌と一緒に冬を過ごせる事になります。

 

季節の変わり目は気温の変化などがストレスになり、肌がトラブルを起こしやすい時期になります。

 

そのため季節の変化が起こる時期には肌断食は向いていません。人は無意識に感じるストレスでも肌のトラブルを起こし、ストレスが強いと毛穴を閉じてしまう傾向があります。

 

毛穴を閉じてしまうと、角栓が取れずに黒ずみになってしまったり、毛穴の角栓がニキビへと変わってしまったりします。

 

また肌に無意識に触れているものも、肌断食ではトラブルの原因になることが多い様です。

Sponsored Link  

肌断食で始める時期以外に気をつける事は?

肌断食気をつけること

肌断食を始める場合で、意外と気をつけておかないといけない事は、肌と何かの接触です。

 

理由は肌断食を始めた肌はとてもデリケートです。肌を守っている皮脂膜も直ぐには回復してくれませんし、皮脂膜が回復しないと角質も弱くなり剥がれやすくなります。

 

肌断食の開始直後の肌は、角質がむき出しのため、色々なものが肌にこすれると肌がめくれ上がってガサガサになったり、角質が接触することでバラバラと剥がれると、ニキビや角栓の原因になり、悪化する恐れがあります。

 

なぜなら、肌が整っていない状態は、肌にいる菌のバランスがおかしくなり、化膿したり、ニキビの原因であるアクネ菌が大量に増えたりするからです。

 

例えばコケてケガをしている場所に、更に何かが当たったり、剣山なんかが当たったら、ギャー!!と飛び上がりますよね?

 

肌断食開始後の肌も、怪我して肌と同じです。何でも無かったものが当たったら、何も起こっていないようですが、起こっているのです。

 

ケガの様に痛みがない分、ニキビの悪化や長引き、カサカサが治らないなど、何かしら肌もサインは出しているのですが・・。

 

その原因がみんなは肌断食を始めて、肌が乾燥しているから!としか思っていません。確かに乾燥も原因の1つなのですが、それより角質を剥がしてしまう肌と何かの接触の方も大きな原因なのです。

 

肌の傷(肌断食の肌)と何かがあたると、傷をえぐっているのと同じです。

 

角質がむき出しの肌は、いつもよりデリケートです。なんともない柔軟剤だったり、タオルの感触だったり、髪の毛だったり、洗剤だったり、服の繊維や、雑菌などがついている手で触る・・・など本当に沢山の、え?こんな事もなの??と思うような接触で肌トラブルが治らなかったり、悪化したり、ニキビが大量に出来て治りにくかったりするのです。

 

肌が元気ならなんとも無いことですが、肌が弱ってしまっている肌断食開始後は、乾燥だけを気にするのではなく、肌にあたるものも気にして欲しいなと思います。

 

何かがあたる=肌をえぐっている と思ってください。

 

意外とトラブルを悪化させ長引かせている原因は、肌と何かの接触が原因で、乾燥が原因ではない場合があり、その時は肌にあたっている犯人をみつけて、当たらない様にするだけで、一気に回復に向かう場合もあるのです。

【オンリーミネラル】デビューセットは52%OFFの1900円(税抜)!